気の向くままにつらつらと。

歩きや自転車で巡った様々な場所を紹介します。ついでにその土地の歴史なんかも調べてみたりしています。

※当サイトに掲載されている内容は、誤植・誤り・私的見解を大いに含んでいる可能性があります。お気づきの方はコメント等で指摘して頂けると嬉しいです。

©こけ
Powered by Blogger.

2017/07/17

川越街道 Day2の③ 川越市へ!



亀久保の集落を進むと、正和3年(1314年)創建の地蔵院が見えてくる。
境内には市指定天然記念物であるしだれ桜が植えられており、その樹齢はおよそ350年前後だという。古老ゆえに痛みも激しく、延命措置が取られており、その姿はサイボーグのようでもあった。


その先には地蔵寺が別当を務めていたこともある「神明神社」がある。正確な創立年代は不詳としながらも、慶長3年(1598年)の創立で天照大神を祀っているとしている。境内には天保12年(1841年)の手水鉢や力石、御神木の切株などがある。

神社の脇には亀久保の馬頭観音堂がある。川越街道沿いにはこれまでの馬頭観音に関する伝説を幾つか紹介してきたが、その一つである大和田の「鬼鹿毛」伝説に登場する一頭の馬が倒れた地がここ亀久保だとされている。
観音堂の境内には他の場所から移設された庚申塔や馬頭観音も置かれている。

ここで少し街道を外れて上福岡駅方面へ。駅近くまで行くと「六道地蔵尊」が鎮座している。この地はいわゆる「六道の辻」で、まちや道、しんがし道(新河岸、現:川越市)、ふるいちば道、つるおか道(鶴岡、現:ふじみ野市鶴ケ岡)、えど道、ひきまた道(引又宿、現:志木市)の分岐点となっていたが、現在はふるいちば道が霞ヶ丘団地の開発に伴ってか消失したため、五差路となっている。


六道の辻の町屋道を進むと、鶴ヶ岡厄除地蔵が国道を見守っている。その奥に鶴ヶ岡八幡神社が佇んでいる。江戸時代に開拓された鶴ヶ岡村の村社にも列格していたが詳細な由縁は分かっていない。
鶴ヶ岡にある八幡宮ということで、鎌倉の鶴岡八幡宮と関わりがありそうだが、鶴ヶ岡の地名が先で八幡宮の勧請が後のようである。


鶴岡八幡宮から先は川越市となる。旧道を進んでいくと新井製菓前に「藤馬中宿跡」の碑が。川越宿と大井宿の中間に位置するこの地には上・中・下宿に分かれた集落が存在し、茶屋などがあったのだという。いわゆる「間の宿」としての役割を果たしていたのだろう。


藤間の集落を抜ける頃には日が暮れ始めていた。西日が差している東光寺の門は閉ざされている。東光寺は江戸時代に開拓された藤間村の発展に伴い、慶長15年(1610年)に開基。座像薬師如来を本尊にしている。


藤間の集落の外れには宝永6年(1706年)建立の開明地蔵尊が立派な屋根の下に納められている。川越藩は2つの御仕置き場(処刑場)を持っており、その一つはここ砂新田にあった。そのためこの地蔵は「首切り地蔵」と呼ばれている。
地蔵の右隣には明治45年(1912年)の三界万霊有無両縁塔が置かれている。「三界万霊」は過去・現在・未来の3つの世界のすべての生死を表し、「有無両縁」は内輪とそれ以外の縁すべてを表す。


先へ進むと砂新田春日神社が姿をあらわす。本殿が格子の向こう側にあるが、江戸彫りの見ごたえのある彫刻が施されている。本殿の屋根も雨よけとしての機能よりも装飾としての意味合いが強く、全体的に工芸的な社殿となっており、川越市の有形文化財にも指定されている。


御代橋で不老川を渡る。不老川は「としとらずがわ」とも呼ばれ、かつては「年不取川」とも表記された。1980年代には日本一汚い川にランキングされた時期もあったが、現在は見た目には普通の河川である。
その先で烏頭坂を上っていく。舟運輸送が盛んだった時期には、川越へ物資を運ぶために上らなければならない坂だったため、当時はかなりの難所として知られていた坂だったようだ。
坂の中腹にある階段を登れば熊野神社を拝むことができる。左右に並ぶ灯籠に沿って進んでいくと、大きな狸の焼き物に見守られた本殿がある。摂末社も多く祀られており、様々な信仰を集約した中心地だったことが伺える。


川越八幡宮は長元3年(1030年)の創祀と言われる歴史ある神社。当時この地は豪族・河越氏の所領で、鎌倉時代には河越氏の館が神社の裏手にあった。太田道灌の信仰も厚く、川越城築城の際には、分霊を川越城内に分祀している。
丁度七五三の時期ということもあり、家族連れや子供の姿が多くみられた。


まわりもすっかり暗くなってしまったので、急いで街道を進む。
出世稲荷神社は通称を「いちょう稲荷神社」という。その名の通り、鳥居の両脇には樹齢650年余と言われる大銀杏がそびえ立っている。その大きさのせいか、境内への入口が小さく見えるほどである。この時間の神社は雰囲気が色んな意味で素晴らしい。


さらに先へ進むと、道路の形状が不思議な形になっている箇所がある。写真ではわかりづらいが、撮影している足元に三角地帯があるのだ。
ここはかつて「鉤の手」と呼ばれる道が直角に曲がる場所であった。城下町では外部からの敵が攻め込みにくいように、道を直線にせずに何度か折り曲げた線形にすることがある。街道以外でも道を何度も曲げる「七曲り」や、多くの丁字路・袋小路など、城下町特有の道路形状が川越では多く見られる。


川越城大手門跡に到着。川越市役所前で鷹狩装備の太田道灌に出迎えて頂いた。ここが川越街道の終点となる。ここから東へ入れば旧川越城内である。

最近では小江戸川越と称されることも多い川越であるが、今回の街道歩きではじっくりと観光をすることができずに帰宅することとなった。駅までは札の辻から蔵造りの町並みを眺めながらの帰宅した。

多くの店が閉まったあとの車に照らされる町並みも、現代の観光地の一風景なのだなと、しみじみ感じた。

2017/05/15

川越街道 Day2の② 三芳町からふじみ野市へ


歩行日:2016/10/02
川越街道の概要についてはこちらのエントリを参照。


歩道の傍らに小さな仏像があった。左手に蓮の花、右手が与願印なので聖観音かと思われる。


藤久保集落の中心に位置する廣源寺は寛永16年(1639年)の創建。藤久保が新田開発されはじめた頃である。かつて寺子屋を開設しており、これが明治になると藤久保小学校となった。


国道254号をひた進み、ふじみ野市へ突入する。かつての三芳村と大井村の堺である。
その少し先に大井宿の下木戸跡の標柱が立つ。大井宿は川越手前の最後の宿場で、旅籠や商店などで栄えた。本陣を構えており、宿場の橋には木戸が設けられていた。


駐車場の奥の方に大井稲荷神社が佇んでいる。江戸時代以前の創建で「坂上の稲荷様」として信仰を集めていた当社だが、明治の神仏習合の廃止により、大井氷川神社に合祀されていた。昭和41年(1966年)に当地に再建された。


街道東側を砂川堀沿いに広がる大井弁天の森。そこへ向かう途中に復元大井戸がある。
「大井」の地名はかつて「御井戸」があったことに由来するという伝承が記録されていたが、長きに渡って「おいど」という字名が残っているだけであった。昭和50年(1975年)に砂川堀の改修工事を行ったところ、平安時代の井戸の遺構が発見され、これが大井戸であることが確認された。


徳性寺は室町時代創建とされる古刹。大井宿が宿場町になる以前から集落の中心的役割を果たしていた。かつては大井稲荷神社の管理をしていたりもしていたが、明治14年(1881年)の大火により伽藍や古文書が消失してしまった。
境内にある弘安4年(1281年)の阿弥陀一尊板石塔婆は、「坂上の石塔畑」と呼ばれる場所から出土したものだという。この場所は大井氏の館跡の一角でもあった。


大井宿の本陣は戦国時代に大井郷の新田開発に尽力した「大井四大衆」の一人である新井織部の系譜である新井家が務めていた。新井織部を祀ったとされる「織部塚」が川越街道と並行して走る道沿いに鎮座していることからもその影響度が分かる。

大井宿は江戸に近いこともあり、宿泊よりも休憩や人馬継立をメインの業務としていたようであるが、人々の往来が多くなった幕末には旅籠や茶屋も軒を連ねる賑わいとなった。
明治以降は公用の人馬継立の廃止や三度にわたる大火によって、往時の勢いは失われてしまった。


大井小学校の隣に旧大井村役場庁舎の建物が残っている。昭和11年(1936年)に建設されたこの建物は、窓が多く取り入れられており、それ以外の装飾がほとんど見られないシンプルな造りとなっている。「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として国登録有形文化財に指定されている。


ここまで国道沿いに進んできた街道は旧道へと分岐する。この旧道沿いはかつての亀久保村が発展していた場所である。その中心に享和2年(1802年)建立の「角の常夜灯」が立つ。亀久保村から大山阿夫利神社へ向かう大山道(地蔵街道)の最初の曲がり角であることから、この地は「角」と呼ばれていたという。地蔵街道という呼称は「富の地蔵様」の愛称で親しまれる木ノ宮地蔵堂に向かう道であることに由来する。

夕日が差してきたが、もう少しで川越市突入である。

2017/04/19

川越街道 Day2の① 和光市から三芳町へ


歩行日:2016/10/02
川越街道の概要についてはこちらのエントリを参照。


川越街道2日目は和光市駅からスタート。県道109号を西に進んでいく。
しばらく進むと進行方向右手に旧道が見える。この旧道はすり鉢状にくぼんでおり、一番低い辺りが根岸村(現朝霞市)と新倉村(現和光市)の境界であった。


旧道はすぐに県道に合流し、幸町三丁目交差点を越えた辺りで再び旧道分岐がある。稼ぎ坂と呼ばれる急坂を下る途中に「膝折不動尊」がある。比較的新しい容姿で、会社の敷地内にあることからも、この会社が独自で設置したもののように思う。
坂を下りきった辺りから膝折宿だったと考えられる。


阿吽の金剛力士像が迎えてくれる一乗院平等寺に立ち寄る。創建年は明らかでないが、高麗人が十一面観音を建立したことに始まるという。境内には「膝折学校発祥の地」碑が立っており、寺内で行っていた寺子屋が明治の学制発布に伴い膝折学校となったという。


膝折宿は近くに平林寺や仙波東照宮といった観光地が近くにあることからも、川越街道の中でも賑わいを見せていた宿場であった。旧脇本陣の村田屋は今でも旧家の佇まいをそのままに残している。高麗家が業務にあたっていた。
一方の本陣は現在膝折郵便局のある場所にあり、牛山家が務めていた。


大橋で黒目川を渡り、道が二股に別れる箇所に元文元年(1736年)の庚申塔が建っている。右がかごやの坂、左がたびやの坂の分岐となっており、かつて籠屋や足袋屋が軒を連ねる賑やかな地であったことを伺わせる。旧道は左のたびやの坂を上っていく。


旧道は朝霞市と新座市の境界となっている。
旧道が県道と合流する箇所に横町の六地蔵が並ぶ。六地蔵は享保17年(1732年)作成のもので、その脇には正徳4年(1714年)建立の地蔵菩薩、宝暦6年(1758年)建立の庚申塔、六十六部廻国塔などが集められている。


野火止大門交差点より街道を逸れて寄り道をば。
野火止と言えば埼玉県民は小中学校で必ず習う「野火止用水」が頭に浮かぶ。野火止用水は東京都立川市の玉川上水から埼玉県志木市の新河岸川に伸びる全長24kmの用水路。承応4年(1655年)に川越藩主松平信綱が開削した。


平林寺は永和元年(1375年)に岩槻で創建した。寛文3年(1663年)に松平信綱の遺志を受けて現在の地に移った。広大な敷地には山門を始めとする禅宗の伽藍や、松平信綱を含む大河内松平家の廟所、東京ドーム9個分の広さの雑木林などがある。
この雑木林は国内唯一の雑木林としての国の天然記念物に指定されている。


さて昼食も済ませて街道に戻ろう。野火止交差点から少し歩けば小さな祠を備えた八雲神社が目に入る。その向かい側の緑道はかつての野火止用水と思われる。


野火止上分(かみぶん)と大和田宿の堺に位置していたのが神明神社。境内にある庚申塔は元禄11年(1698年)、正徳5年(1715年)のもの。境内には他にも百度石、秋葉大権現、金毘羅大権現の石祠などが鎮座している。

大和田宿はこの先の柳瀬川越えに備えて人馬の継立てを行っていた地が発展して成立した宿場であった。奥州街道と交差する地でもあり交通量も多く、川越街道の中でも白子宿に次ぐ規模だったが、本陣・脇本陣は設けていなかった。明治以降も埼玉県内有数の市街地であったが、大正3年(1914年)に町の北方に志木駅ができると、次第にそちらに人が移っていき、現在では宿場の面影はほとんど残っていない。


かつて下宿だったあたりの道沿いの高台に元禄9年(1696年)建立の鬼鹿毛(おにかげ)の馬頭観音が祀られている。かつて常陸国にあった小栗城主・小栗道重の子、小栗小次郎助重をモデルにした「小栗判官」という説経節がある。後に歌舞伎にもなったこの物語になぞらえた伝説が地元には伝えられている。
秩父から愛馬鬼鹿毛にまたがり、江戸での急用のため街道を飛ばす助重。大和田宿の終わりあたりで疲労のためか鬼鹿毛が松の根に躓いてしまう。それでもなんとか江戸まで辿り着くが、帰路に就こうとすると愛馬が居ないことに気付く。鬼鹿毛は大和田宿で息絶えていた。このことからこの地は「鬼鹿毛」という地名になったという。
ちなみに「膝折」は鬼鹿毛が膝を折った場所に由来するという伝説も残っている。


上宿に差し掛かると現れるこの公民館というか集会所のような建物は観音堂だという。建物の入口には地蔵菩薩が鎮座している。かつて大和田宿の入口には高地蔵が設置されており、結界のような役割を果たしていた。江戸側の高地蔵は丁度この日工事をしていたようで見ることができなかった。観音堂の前にある地蔵はもしかしたら川越側にあった高地蔵なのかもしれない。


大和田宿を抜けると英橋で柳瀬川を越える。
跡見学園女子大学の脇に石垣と階段がある。若干崩れそうな石段を登ると、石灯籠と「三國第一山」と刻まれた石碑が置かれている。日本・唐・天竺の三国で一番の山、つまり世界一の山「富士山」を表す言葉である。ここは中野富士と呼ばれる富士塚で、よく見ると笠印が刻まれた石碑が幾つも設置されているのがわかる。


国道254号に沿って三芳町に突入する。町名は伊勢物語に登場する「みよし野」の地名に由来するが、その当時県内に「みよしの村」が3つも存在したため、混同を防ぐため「三芳」に落ち着いたというから驚きである。

藤久保集落に差し掛かる箇所に木宮稲荷神社がある。寛文元年(1661年)に当地を領有していた中山治左衛門なる人物が、大阪で藤久保に稲荷が下る霊夢を見たことをきっかけに、紀州の木材を当地に送り稲荷社を築いたとされる。このことから「木宮(きのみや)」と称されることとなったという。
ちなみに神社前の中央分離帯に旗枕のようなものがあるが、かつての境内が国道の拡張で分断された名残である。

2017/03/02

川越街道 Day1の② 下練馬宿から和光市へ


歩行日:2016/09/24
川越街道の概要についてはこちらのエントリを参照。


街道は東武練馬駅の近くを通るが、この場所に北町観音堂が建っている。
ここには、天和2年(1682年)の銘がある北町聖観音座像が鎮座している。そのことについては、江戸時代の紀行文「十方庵遊歴雑記」にも記述があり、この場所が赤塚村への分岐の目印となったことがわかる。
お堂は平成24年(2012年)に新調され、仁王像、馬頭観音、庚申塔などがまとめられている。


街道は再び国道254号に合流し、地下鉄赤塚駅前に差し掛かる。
駅前に「鎌倉古道 至かまくら 至はやせ」と書かれた碑が建っている。碑上には武者騎馬像が鎮座している。詳細は定かではないが、この碑の脇の道が鎌倉古道らしい。ちなみに「はやせ」は旧足立郡早瀬村(現埼玉県戸田市)を指すようだ。


緩やかな坂を下ったところにある小治兵衛窪庚申尊には、青面金剛座像が彫られた天明3年(1783年)の庚申塔が置かれている。天明の飢饉による犠牲者を供養するために設置された庚申塔とのことだ。
また「小治兵衛」という盗人が罪滅ぼしのためにこの地に橋を架けたことから、この地を「小治兵衛窪」と呼ぶようになったという伝説があるようだ。
庚申塔の隣は昭和29年建立の「百七拾周年記念碑」で、長きに渡って地元の信心を集めていたことが伺える。


地下鉄成増駅を越えて国道の北側へと逸れると再び緩やかな下り坂となる。ここは「新田(しんでん)坂」でかつての成増村の「向新田」に由来する名称となっている。
ここでは坂周辺にあったものを新田坂石造物群としてまとめて供養している。その中の一つ文政13年(1830年)建立の常夜灯は、「大山」と刻まれており、道標としての役割も果たしていたようである。

新田坂中腹には八坂神社があり、ここから白子宿までは「新田宿」と呼ばれた集落が街道沿いに発展していた。この新田宿から白子宿までは一続きになっていた。


白子川を渡る白子橋の手前で、埼玉県に入る。県境が川の流路と異なるのは、かつて複雑な線形だった川の流れを整備したためだろうか。川を越えると白子宿下宿に入る。かつては旅籠が立ち並んでいたが、いまでは一軒も残っていないという。
白子宿は下宿・中宿・上宿に分かれており、各宿に本陣が置かれていた。


街道は白子台地に突き当たり90度折れ曲がる。この場所に建つ熊野神社は中世の創建と考えられる由緒ある神社で、旧下白子村の村社であった。神社の境内では明治9年(1876年)に日本初の養魚場が作られた。武蔵野台地から集められた湧水を利用したもので、今でも神社周辺では湧水が豊富に湧き出ており「白子湧水群」を形成している。


白子宿の出口では「大坂」で台地を上がっていく。途中にはかつての雑貨商「佐和屋」の古い造りの家屋が佇み、往時の姿がわずかながら窺える貴重な場所である。
また坂上の付近には「大坂ふれあいの森」があり、湧水群と斜面林を持つ市民緑地が広がっている。


大坂を登り切り県道を越えると緩やかな「くらやみ坂」で少し下る。そこから浅久保通りを少し進んだ「伯楽製鋲所」の敷地内に石造馬頭観世音のお堂がある。光背を備えた馬頭観音で「上岡村寫」の文字が刻まれている。これは東松山市にある関東随一の馬頭観音霊場である「上岡馬頭観音」を模して作られていることを表しているという。


浅久保通りは県道109号線にぶつかり、街道は県道に沿って西へ進路を変える。この交差点を直進すると引又道で引又宿へと至る。引又は志木街道と新河岸川の交点にあたり、舟運が盛んだった時代は非常に栄えた場所であった。
この交差点にある酒屋・田村屋の脇に庚申塔がひっそりと置かれていた。小雨が降っていたせいかネズミがちょろついていたのもご愛敬。


日も落ちてきたので、川越街道1日目は和光市駅入口の交差点から東武東上線和光市駅へ向かい終了。

2017/01/29

川越街道 Day1の① 追分から下練馬宿へ


歩行日:2016/09/24
川越街道の概要についてはこちらのエントリを参照。

ちょっと暇になったのでさっくり歩ける近場の街道に行くことにした。前々から丁度良いと思って目を付けていたのが川越街道。ただ歩くだけなら頑張れば1日で歩ける距離なのだが、どうせ色々観たり疲れたりするだろうということで、二日間の行程にしてみた。


JR板橋駅から歩いて数分。中山道との分岐点である平尾追分をスタート地点とした。


「板橋宿」のゲートを横目に首都高の下を歩いていると、四つ又交差点の手前の歩道に「四つ又観音」が鎮座していた。最近まで別の場所にあったものを移動してきたようだ。
大山東町交差点から、遊座大山商店街に突入する。商店前の看板には「大山の地名は富士山大山道の入口に位置することに由来する」と記されていた。


商店街はそのままアーケード「ハッピーロード大山」に直結する(写真は川越側の入口)。戦後の闇市を発端に整備されてきた商店街である。ハッピーロード大山についてはHPにかなり詳しい歴史が載っているので是非参考にしてほしい(ハッピーロード大山歴史 | ハッピーロード大山商店街|http://haro.or.jp/about/history


アーケードの出口から脇道に逸れると「大山福地蔵尊」が鎮座していた。川越街道だけでなく鎌倉街道も交差していた大山は江戸期にも既に交通量が多い場所であった。そのため人馬の事故が絶えなかったが、それを見かねた「お福さま」なる人物がこれを手厚く葬った。この出来事に由来してお福さまを地蔵として祀るようになったものである。お供え物や写真など、周辺の人々に愛されているのがわかるお地蔵様である。(参考:大山福地蔵尊 | ハッピーロード大山商店街|http://haro.or.jp/about/ofukujizo


街道はしばらく国道254号を行くが、日大病院入口の交差点で下頭橋通りに入っていく。ここから上板橋宿がはじまる。


少し街道を逸れて轡(くつわ)神社に立ち寄る。珍しい名前の神社であるが、由来は徳川家康の乗馬の口にはめる馬具(轡)あるいは馬蹄を祀ったからと言われている。江戸時代に流行った病「百日咳」に効果があるとされ、参拝者はわらじを奉納されているわらじを持ち帰り、完治した際に新しいわらじを奉納していたという。


街道に戻り豊敬稲荷神社に立ち寄る。ここには文政6年の記録に基づいた上板橋宿の概略図がある。上板橋宿は江戸側から下宿・中宿・上宿に分かれていた。本陣などは特に設けられておらず、全長740m程の小さな宿場であった。


上板橋宿は石神井川を下頭橋で越えるところで終わる。橋のたもとには六蔵祠が設置されている。六蔵はこの地で喜捨を受け、下頭橋の架け替えを行った人物とされている(乞食六蔵伝説)。


街道が再び国道に戻ると、小高い台地に長命寺が構えている。江戸前期の創建と考えられており、板橋城跡の伝承地の一つともされている。また豊島八十八ヶ所霊場50番や板橋七福神の福禄寿が充てられている寺院でもある。


脇道に逸れてときわ台駅方面へ向かうと、駅前に天祖神社がある。豊島氏が周辺を開拓した室町時代の創建と考えられており、上板橋村の鎮守・村社として崇められていた。江戸時代には老松や柊などが境内を覆っていたようで、昭和に入ってから設定された「常磐台」の地名は、この老松の常磐なる(堂々とした)姿に由来するという。


国道に戻りしばらく行けば上板南口銀座の入口から再び旧道をたどることができる。国道をそのまま進むと「五本けやき」を見ることができるが、位置がいまいち解らなかったので今回は見送った。


板橋区と練馬区の区境に元文4年(1739)建立の庚申塔があった。一面八臂の青面金剛が彫られており、ここが下練馬宿の入口であることを示す役割も兼ねている。


下練馬宿は江戸側から下宿・中宿・上宿に分かれており、徳川綱吉が将軍になる以前には上宿に御殿を構えていた。綱吉が脚気にかかった際、治療に効果があるとされた大根の種を尾張から取り寄せたことにより練馬大根の栽培が始まったとされる。


環状八号線を越える場所に宝暦3年(1753)の大山道の道標が立っている。道標の上には不動明王座像が後年に付け加えられている。
その脇にある小さな石碑は東高野山道の道標である。東高野山とは同じ練馬区内にある「長命寺」を指す。慶長18年(1613)に創建した同寺だが、後に高野山奥の院を模した石仏などを祀るようになったことから、いつしか東高野山と呼ばれるようになったという。


環八を越えると北町浅間神社がある。この地にはかつて清性寺があったが、廃寺になっており、その頃に出来た神社とされている。ここには立派な富士塚が築かれている。こちらは富士講が盛んだった江戸時代に作成されたもので、頂上の標高は37.76mとなっている。小規模ながら登山道が整備されており、烏帽子岩や猿の像など富士塚としての基本的要素を取り揃えた見ごたえのある富士塚である。

まだしばらく都内を歩いていく。