気の向くままにつらつらと。

歩きや自転車で巡った様々な場所を紹介します。ついでにその土地の歴史なんかも調べてみたりしています。

※当サイトに掲載されている内容は、誤植・誤り・私的見解を大いに含んでいる可能性があります。お気づきの方はコメント等で指摘して頂けると嬉しいです。

©こけ
Powered by Blogger.

2018/06/16

大山街道 Day8 その① ~大山てくてく~



ついに最終日。本日は大山山頂を目指して街道歩きというよりは登山に挑戦する形となった。せっかくの登山日和ということもあり、今回は友人を道連れにして頂を目指す。

小田急伊勢原駅から大山ケーブル駅行きのバスに乗り20分ほどで終点の大山ケーブル駅に到着。バス停からすぐに「こま参道」の階段が延びる。もともとは左手にあったもみじ坂が参道だったが、関東大震災の被害により付け替えられた。


途中「茶湯寺」への分岐がある。前回のエントリーで複数の寺院が合併してできたと紹介した寺だが、今回は立ち寄らず。


参道には豆腐料理屋、食事処、土産物屋などが立ち並んでいる。大山は関東近郊では初心者向けの登山コースとして名高く、この先も小さい子供の姿を何度か見かけた。


「左 阿夫利神社 不動尊 道」と刻まれた道標がある場所を右に行くとケーブルカー乗り場となる。もちろん左へ進む。


階段をのぼると八意思兼(やごころおもいかね)神社がある。ここから阿夫利神社下社の手前までは男坂・女坂の2つのルートがあることから追分社とも呼ばれる。
八意思兼命は知恵を司る神。天岩戸伝説においては、岩戸の外で宴会をしていればきっと天照大神は気になって出てくるだろうという巧妙な心理作戦を八百万の神に提案した神でもある。
今回は行きを男坂、帰りを女坂を使用して行こうと思うが、おそらく女坂から登ったほうが緩やかな道のりで足への負担は少ないはず。


追分社の脇の急な石段から男坂が全力で圧倒してくる。一段一段が大きいので、つづらの折返しごとに息を整えながら登っていく。


登山は周りの景色が急に変わることはほとんどない。そんな変わり映えがしない景色に変化を与えてくれる要素の一つが「町目石」だ。登山の最初の方は今何町目かをカウントしつつ着実に登っていることを実感するのだが、段々と数えるのが億劫になってしまう。そしてそもそも何町目が頂上なのかを忘れてしまって、いつしか町目石は景色の一部に溶け込んでしまうのである。


変わり映えしない石段を眺めつつ登っていると、真新しい看板が目に刺激を与えてくれた。「男坂三十三祠」の「弁」だという。かつて男坂には三十三の祠があったという。おそらくここには弁天社が祀られていたのだろうか。看板の後ろの岩がくぼんでいて祠のように見えなくもないが、如何せん詳細が不明であった。


しばらく行くと「愛」があった。ナンバリングは6から16へと飛んだ。愛宕社があったのだろうか。


広場のような場所に出てきた。ここは八大坊上屋敷跡で、阿夫利神社(石尊社)、大山寺の別当として大山の運営を行っていた。徳川家康主導のもと慶長10年(1605年)から大山の改革が始まり、大山一帯は八大坊を中心とした寺社組織となり、明治維新の神仏分離まで続いた。
江戸時代末期には八大坊の下に供僧11坊、脇坊6坊、承仕(候人)4坊、修験8坊、神家8坊(師職兼帯)、師職(御師、後の先導師)166軒があり、かなりの規模だったことがわかる。


すぐ近くに菊水紋が眩しい万国忠霊塔がある。世界のすべての国のその国のために忠節を尽くした勇士の霊を慰めるための塔とのこと。


階段を数段登れば「従是女坂道」の道標。ここで女坂と合流する。


そしてそこから数十段登れば大山阿夫利神社下社へ到着。天下泰平・国土安穏と書かれた銅鳥居をくぐる。


鳥居を潜って左手には「日本三大獅子山 大山獅子」のモニュメントが。かつて境内にあった獅子山が明治期の災害や関東大震災の山津波などにより流出しまっていた。平成24年(2012年)に皇太子殿下が大山登山されたことを記念して、これを復元したものである。


大山阿夫利神社下社の拝殿へ参拝。標高700mに位置する下社は、阿夫利神社の主たる社。明治初年の神仏分離によって、大山寺不動堂が廃止され、その寺地に阿夫利神社下社が置かれた。拝殿は関東大震災の被害を受けた際にも僅かな改修で乗り切っていたが、昭和52年(1977年)に再建が行われ現在に至る。
ケーブルカーでもここまでは簡単に来ることができるので、身軽な参拝者も多い。


拝殿の脇から下社地下巡拝道へ入ることができる。大山名水が汲めるのでここで喉を潤すことができる。その奥には6mを超える巨大な納太刀も展示されている。これを江戸から担いできたと考えると、その信心深さと体力が想像できない。


下社からの眺望は2015年のミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで二つ星を獲得している。薄っすらと見える相模湾や、夜景の美しさが評価されたという。大山自体も一つ星に認定されている。

ここから先、阿夫利神社上社を目指す。

2018/05/27

大山街道 Day7 その④ ~大山参道の坂を上る~



三の鳥居をくぐって、ついに大山阿夫利神社参道へ。江戸火消しいろは48組のうち、京橋あたりを担当していた「せ組」が建てたことから「せ組の鳥居」とも呼ばれる。


このあたりは小字を新町といい、寛文6年(1666年)に発生した大洪水の被害のため、子易村との土地交換を元に作られた町である。
新玉橋で鈴川を渡ると小字別所町。このあたりから鈴川に沿って門前町が続いていく。


門前町には旅館が多数並ぶ。その旅館の敷地を囲うように名前が刻まれた玉垣が並んでいるのが少々異質かもしれない。
大山の旅館の多くはいわゆる「宿坊」であり、神職についた「先導師」が宿を経営し、参拝者をもてなしていることから「先導師旅館」と呼ばれる。


丹沢大山国定公園のゲートをくぐる。大山を含む丹沢一帯には、神奈川県最高峰の蛭ヶ岳(1,673m)やユーシン渓谷などの景勝地もあり、ハイキングや散策で訪れる人も多い。


加寿美橋を渡ると、阿夫利神社の社務所がある。かつては大山寺の別当である八大坊の下屋敷(下寺)があった。この道は旧参道と呼ばれ、多くの宿坊が立ち並んでいる。
その先には愛宕滝が水音を轟かせていた。参拝者のために作られた人工の滝ではあるが、かつては大山詣での禊で賑わった場所である。
大山には二重滝、八段の滝、元滝(不動滝)、良弁滝、愛宕滝、大滝の六滝があり禊の滝として利用されていた。


滝の脇には愛宕社・松尾社の祠がある。もともとは新滝と呼ばれていたのだが、近くに愛宕社があったことからいつしか愛宕滝と呼ばれるようになった。


大山豆腐を直販している夢心亭の入り口脇には「大山名水 一番 相頓寺の岩清水」の文字が。この先に茶湯寺があるが、これは昭和27年(1952年)に大山山内にあった相頓寺、西岸寺、西迎寺を合併してできた寺である。
喉を軽く潤して先へ進む。


遠州屋酒店の向かい、もとは宿坊であったであろう民家の前に不動明王の祠があった。石の状態を見るにだいぶ古そうではあるが詳細は不明である。


「蛇口之瀧」への入り口はこんな感じ。良弁僧正が入山の際、はじめて禊を行ったのがこの滝とされている。


滝の脇には開山堂がある。中には姥大日如来像、そして猿が金鷲童子(良弁の幼名)を抱く像が安置されている。良弁が近江国にいた幼少期、鷲が良弁をさらって東大寺二月堂の杉の木に懸けられているところを、義淵に助けられたことから僧になったという伝説があることに由来するようだ。


そしてこちらが蛇口の滝こと良弁滝。今でこそ水量は少ないが、江戸時代には大滝と二分する人気を持つ水垢離(禊)スポットであった。その様子は、葛飾北斎の諸国瀧廻りシリーズ「相州 大山ろうべんの瀧」や、歌川広重の関東名所図会「相州大山良弁之瀧」などの描かれており当時の大山詣の盛況ぶりが伺える。


気持ちだけ禊を行って、旧道の豆腐坂を上る。参拝者が豆腐をてのひらに乗せてすすりながら坂を上ったという。豆腐の水分含有量は90%近いので、水分補給にはもってこいだったのかもしれない。


豆腐坂を上りきればこま参道へ突入していよいよ大山登山!なのだが、ちょうど大山ケーブルバス停があるのでここで本日は終了とした。路傍の道祖神に一礼して帰宅。

2018/05/14

大山街道 Day7 その③ ~上粕屋・子易~



上粕屋神社に立ち寄る。天平年間に大山寺開創の僧、良弁僧正が山王社をこの地に勧請したことに始まるとう説や、大同・弘仁年間に近江の日吉神社を勧請したとも言われる。鳥居にかかる赤い紙垂(しで)が印象的。


御神木のケヤキは風格がものすごい。向こう側が見える穴と味のあるコブが、これまで重ねてきた年月と存在感を感じさせてくれる。


街道に戻ると、上粕屋神社の参道へ続く道との分岐点、千石堰用水沿いに石仏が並んでいる。一番右のものは台の道標と呼ばれ、「上り大山道 下り戸田道 寛政十一年」と刻まれている。真ん中の享保6年(1721年)の庚申塔にも「〜大山道」と刻まれているという。一番左のものは双体道祖神だという。


移設されてきた庚申塔があった。もともと伊勢原市三ノ宮にあったもので、右の小さいものは寛政9年(1797年)の銘があり、「此方 かない道」と刻まれている。坂東三十三観音霊場第7番札所光明寺(金目観音・通称「かない観音」)への道を示している。


石倉橋交差点で県道611号へ出る。ここからしばらくは大山への緩やかな上りとなる。
三光寺・石倉不動堂に立ち寄る。江戸時代に造られた腰掛不動が祀られている。最近お堂の改修をしたようで、立派な瓦屋根のお堂となっていた。


不動堂の脇には石仏がまとめられていた。この辺りは新東名高速道路の建設とそれに伴う県道の改修で至る所で工事が行われている。そのため近くにあった石仏を一箇所にまとめているようだ。


元々石倉橋交差点にあった道標が移設されているというので少し街道を外れ、鈴川沿いまで向う。
全国各地から大山へ延びるほとんどの道が石倉橋交差点で合流していたため、道標には多くの地名が刻まれている。不動尊が乗る台座には「右 い世原 田村 江乃島道、左 戸田、あつぎ、青山道、此方はたの道 此方ひらつか道」と刻まれているという。


石倉橋交差点を過ぎてしばらくすると、道はゆるやかな登り坂となる。ゴールが近づいてきた証拠である。
明神前バス停付近に平成14年(2002年)建立の比較的新しい道祖神がある。両脇の五輪塔も形といい高さといい立派な状態を保っている。私が訪問した後に高速道路建設によりこの場所から少し移動しているようだ。


道祖神があった道の反対側は専ら工事中。この先で新東名高速道路の高取山トンネルを掘削するための発破作業が行われるとのことだった。きっと車での大山詣も楽になってくるのだろう。


子易明神比比多神社へ参拝する。天平年間、藤原鎌足の玄孫でこの地の守護であった染谷太郎時忠によって勧請されたという。大山寺を開基した良弁は、染谷太郎時忠の子にあたる。また、延喜式神名帳に記載されている「比比多神社」の論社ともされている。


社殿は享保2年(1717年)に再建されたもの。向拝の柱を削って飲むと安産できるという言い伝えがあり、実際に柱はボロボロな状態になっている。もちろん現在は削ることが禁止されている。


だんだんと坂の傾斜がきつくなってきたが、ここで易往寺に立ち寄る。元慶3年(879年)に地震により大山寺が倒壊。弁真上人が易往寺地蔵院をこの地に建立し、移転してきたという。その後大山寺は寛平2年(890年)に改修される。


境内には地蔵on地蔵のタイプの六地蔵。そういえば相模国分寺にも似たような六地蔵があった。


子易児童館の敷地内に再び比々多神社があった。こんな近距離で同名の神社があるのは少々不思議な気がしたので調べてみると、こちらの比々多神社は先程の比比多神社から明治時代に勧請してきたものだという。この辺りは子易下地区にあたり、自らの地区で神祭を行うための勧請だという。


当初、比々多神社には社殿が設けられず、神輿などは神社の脇の聖観音堂に置いていた。しかし明治末に火災が発生し、聖観音堂は焼失してしまった。そのため大正8年(1919年)頃に現在の社殿を建築した。
この先旧道の這子坂を上る。昭和初期に現在の県道が整備される以前の道で、名前からも当時は相当な旧道だったことが予想できる。


子易バス停を越えたあたりに、諏訪神社がある。先程の子易下では比比多神社を勧請していたが、ここ子易上地区では当時は個人管理していた諏訪神社を地域の氏神として祀ることとした。比比多神社は由緒のある神社だったため、寄付金などの徴収が負担となっていた。そこで自集落に神社を勧請することで、寄付金などの資金が別地区へ移動するのを防ぐ目的があった。


子易上集落の緩やかなカーブを曲がるともうひと頑張り。

2018/05/10

大山街道 Day7 その② ~矢倉沢往還と分かれ道灌と再会する~



糟屋宿を抜けて、丸山城址に立ち寄る。丸山城は鎌倉時代の築城とされており、糟屋左衛門尉有季の居館跡とされている場所。扇谷上杉定正の居館・通称「糟屋館」 がこの地にあったという説もある。糟屋館は前回のエントリーで紹介した太田道灌暗殺の地であるが、決定的な証拠は出土していないようである。


現在は丸山城址公園として整備されているが、土塁などの遺構がしっかりと残っている。かつての城域は高部屋神社あたりまで広がっていたとも言われており、かなりの規模の城郭だったようだ。


街道に戻り下糟屋の交差点で国道246号を突っ切る。その先に道祖神と五輪塔がまとめられている。メインの道祖神には嘉永3年(1850年)の銘が入っているという。
この先、高橋商店の脇の林の中に伊勢原市最古の庚申等があるとのことだが見逃してしまった。


東海大学伊勢原キャンパス・大学病院の脇の細い道を進み、開けた場所に出たところに咳止地蔵尊の祠がある。かつてこの付近で渋田川に木橋が架かっており、増水時に川を堰き止めることから「せきど橋」と呼ばれていた。これがいつしか「咳止め」に転訛して、地蔵尊が咳止めにご利益があると言われるようになったという。


旧道は県道63号の開通に寸断されてしまった。市米橋交差点で写真右手に曲がり少しいけば再び旧道へと入るのだが、この交差点は矢倉沢往還との分岐点となる。つまり写真の奥へ直進するのが沼津へと続く矢倉沢往還、右手へ折れるのが大山街道となる。


矢倉沢往還と分かれ、市米橋バス停を過ぎた辺りで再び旧道へ入る。細い道を歩いていると「上糟屋郷絵図 文政八年(1825)秋図文」と書かれた絵図がある。2014年に作成されたようで、近年でも地元に街道が親しまれているのがわかる。


峰岸団地入口交差点を越え道なりに住宅街を進んでいくと「三軒茶屋」と書かれた家の模型のようなものが道端に置いてある。説明によると、このあたりは大山街道青山道、大山街道戸田道(戸田の渡しからの道)、田村通り大山道から分かれた日向道(日向薬師へ向かう道)、津久井道などが交わる地で、三軒の茶屋が旅人の喉と足を癒やしていたのだという。


道は東名高速道路に突き当たるので、近くのトンネルで向こう側へ抜けるとそこに石仏がある。この旅何回目の双体道祖神+五輪塔のセットだが、「右 いゝやまみち 七五三引村 左 ひなたみち 明和九」と刻まれている道標を兼ねた石仏である。
飯山道は坂東三十三観音霊場第6番札所である長谷寺・通称「飯山観音」への道を示している。ちなみに「七五三引」と書いて「しめひき(=〆引)」と読む。


用水路沿いの狭い道を進んでいく。この用水路は「千石堰用水」と呼ばれる。鈴川から取水し、先程の咳止地蔵近くで渋田川へ流れる水路で、流域の灌漑用水として利用されてきた。元々は上杉館の空堀に水を引くために造られたとされ、道灌濠とも呼ばれる。


用水路に沿って進むと三所石橋造立供養塔があった。文政3年(1820年)に建立された供養塔で、千石堰用水に架かる3つの石橋(台久保の石橋、石倉の石橋、川上の石橋)を供養するために近くの洞昌院の住職と地元の村人によって造られたもの。この場所は台久保の石橋があった場所に相当するという。


供養塔の隣には木製の道標がある。だいぶ立派な道標である。


街道から少しはずれて上粕屋・台久保・山王原周辺を散策する。ここに2つ目の太田道灌の墓がある。


鬱蒼とした林の中にあるのがこちらの墓。下糟屋にあったのが首塚でこちらが胴塚とされている。宝篋印塔と松の切り株が供えられている。道灌暗殺後、遺体は洞昌院の裏手で荼毘に付したと言われている。洞昌院は上杉憲実の弟・道悦和尚のために道灌が建てた寺と伝えられている。


道灌暗殺の際、道灌の家臣七人が追手を受けて討死したと言われている。彼らを祀っているのが道灌の墓にほど近い場所にある七人塚である。元は上粕屋神社の境内にあったが、そのうちの一つをこの地に移設したもの。実は家臣は9人いて、生き残った家臣の子孫と言われる家系が代々この七人塚を世話しているという。

もう少しこの周辺をみてみよう。