気の向くままにつらつらと。

歩きや自転車で巡った様々な場所を紹介します。ついでにその土地の歴史なんかも調べてみたりしています。

※当サイトに掲載されている内容は、誤植・誤り・私的見解を大いに含んでいる可能性があります。お気づきの方はコメント等で指摘して頂けると嬉しいです。

©こけ
Powered by Blogger.

2017/07/29

大山街道 Day1 ~若者文化のど真ん中を突っ切る~



青山通り大山街道は赤坂御門を起点として静岡県沼津市まで伸びる「矢倉沢往還」を基盤とした道のり。赤坂御門は江戸城外郭門の一つで、石垣が今でも残っている。ここから国道246号へ出るのだが、首都高に邪魔されてなかなか道沿いに進めないので注意。


国道246号に出てすぐ目に付くのが豊川稲荷である。大岡越前守忠相の子、忠宣が三河の豊川稲荷を自宅に分祀したことに始まり、明治20年に赤坂一ツ木から当地に移転してきた。商売繁盛にご利益があり、テレビ局が近いからか芸能人もよく訪れるのだとか。
商売繁盛ではないが、街道歩きの無事を祈願した。


246号から外れて旧道を歩く。傾斜はそこまできつくないのだが、路面が悪く牛が苦しんだため「牛鳴坂」と名付けられたという。


坂の最高地点付近には牛ではなくラクダが見守っている。このビルにあった赤坂彫金学校が作ったオブジェのようだが、詳細は不明である。


旧道区間から国道へ戻り、高橋是清翁記念公園に立ち寄る。第20代内閣総理大臣も務めた高橋是清の邸宅がこの地にあった。1936年(昭和11年)に当地にあった邸宅の二階で青年将校によって暗殺された事件は、二・二六事件として有名である。
国道を挟んだ向かい側の広大な土地は赤坂御用地で、皇太子の住まいである東宮御所などがある。


ハイセンスなビル群を眺めながら外苑前の駅前まで行ったところで、急に竹林が出没する。正体は浄土宗の寺院「梅窓院」の参道である。寛永20年(1643年)、老中青山大蔵少輔幸成が死去した際、下屋敷の一部を寺院としたもので、戒名の頭の3字を取って梅窓院とした。
青山幸成の名は、「青山」の地名に今でも生きている。


表参道交差点の脇道を覗くと善光寺の山門が見える。永禄元年(1558年)に長野善光寺から谷中村に勧請してきたものを、宝永2年(1705年)に移設したものである。


街道は青山から渋谷エリアに突入していく。人でごった返す宮益坂を下っていくと、坂の中腹に御嶽神社の鳥居が見えてくる。室町初期の創建とされる神社で、元禄13年(1700年)には、この御嶽神社の御利益でますます栄えるという意味で一帯を「宮益町」に改称している。石段を上るとビルの隙間に佇む社殿を拝むことができる。境内には日本狼の狛犬、明治天皇御小休所址の碑、炙り不動尊堂などがある。


宮益坂を下りきると渋谷駅がある。そして今後は道玄坂で上りになる。さすが渋谷、やはり谷である。道玄坂上交番前交差点に道玄坂道供養碑が建っている。
坂名の由来は諸説あるようだが、大和田太郎道玄と呼ばれる人物にちなんでいる。この人物が山賊で坂上で人を襲っていただとか、この地に「道玄庵」を作って住んでいただとか、そんな出来事に由来するという。


道玄坂を上りきると、首都高3号線渋谷線が見えてくる。それに沿って進んでいくと、再び旧道区間へ入る。ここが大山街道最大の難所・大坂である。160mの区間で標高差12mなので相当の急坂である。


大坂を越えると上目黒氷川神社がそびえる。旧上目黒村の鎮守で、武田信玄の家臣であった加藤家が天正年間(1573~1592年)に上野原より勧請したという。明治11年(1878年)、元々目切坂にあった元富士と呼ばれる富士塚の取り壊しの際に、一部を境内に移設している。その後昭和50年(1975年)には、天然の崖を利用した富士塚が氏子の手によって築かれている。


小松石造りの石段の下には、天保13年(1842年)建立の大山道の道標がある。正面「大山道 せたがや道 玉川道」、右面「右ひろう めぐろ 池上 品川みち」、左面「青山 あざぶみち」と刻まれている。かつての道標があった位置はもっと南側で、道路拡張の際に境内地縮小とともに移設されたものであろう。

この道標によって、今歩いているのが大山へ続く道なのを確かめたところで、本日の歩きは終了とした。

大山街道 ~江戸の娯楽を支えた道~



神奈川県にある丹沢山系の最南端に位置する霊山・大山。
その端正な容姿から古くより信仰が篤く、いつしか大山阿夫利神社が創建された。
天平年間には大山寺が開かれ、山岳信仰の中心地として栄える。中世には、源氏の庇護を受けることとなりさらなる発展を見せるが、江戸期の徳川家康の大山寺改革により天台宗から古儀真言宗へと改宗する。

江戸中期に商人・町人文化が発展し始めると、日本各地の寺社仏閣や霊山への参拝が流行しはじめる。江戸から近いこともあり、大山詣は江戸町民にとって格好のレジャースポットとなった。また、大山阿夫利神社の祭神である大山祇大神(オオヤマツミノオオカミ)は、富士山に祀られている富士浅間神社の祭神・木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)の父にあたることから、富士山と大山両方を参拝する「両詣り」も行われていた。

大山詣は同じ集落や同業者の集団で行われることが多く、これは「講」と呼ばれる。大山に限らず、各地を登山すると講が登拝記念に奉納した石碑や玉垣などを見ることがあるだろう。
大山詣では太刀を奉納するのが一種の決まりであった。これは源頼朝が平氏討伐の際に、太刀を阿夫利神社に奉納したという言い伝えに由来する。

大山街道という通称を持つ街道はいくつもあり、その中でも今回は「青山通り大山道」と呼ばれるルートを辿ることにした。赤坂見附を起点にする本ルートは、江戸からの参拝者が主に利用したルートであり、静岡県沼津に至る「矢倉沢往還」の一部を大山詣に利用したものである。

人馬継立場は下記の通り。
(赤坂御門)→三軒茶屋→二子・溝口→荏田→長津田→下鶴間→国分→厚木→(矢倉沢往還から分岐)→(大山)

今回はかなりスローペースで刻みながらの完歩となった。残念ながら太刀は持参しなかったが、最後は山登りということもあり友人に同行してもらっての登山となった。都会の風景あり、旧道消失区間あり、登山ありのバラエティーに富んだ街道歩きとなった。


1日目 2015/08/09 赤坂見附〜池尻 その①
2日目 2015/08/10 池尻〜用賀
3日目 2015/11/01 用賀〜高津
4日目 2015/11/03 高津~柿の木台
5日目 2015/11/07 柿の木台~鶴間
6日目 2015/11/28 鶴間~愛甲
7日目 2016/03/12 愛甲~大山
8日目 2016/06/12 大山~大山山頂

2017/07/17

川越街道 Day2の③ 川越市へ!



亀久保の集落を進むと、正和3年(1314年)創建の地蔵院が見えてくる。
境内には市指定天然記念物であるしだれ桜が植えられており、その樹齢はおよそ350年前後だという。古老ゆえに痛みも激しく、延命措置が取られており、その姿はサイボーグのようでもあった。


その先には地蔵寺が別当を務めていたこともある「神明神社」がある。正確な創立年代は不詳としながらも、慶長3年(1598年)の創立で天照大神を祀っているとしている。境内には天保12年(1841年)の手水鉢や力石、御神木の切株などがある。

神社の脇には亀久保の馬頭観音堂がある。川越街道沿いにはこれまでの馬頭観音に関する伝説を幾つか紹介してきたが、その一つである大和田の「鬼鹿毛」伝説に登場する一頭の馬が倒れた地がここ亀久保だとされている。
観音堂の境内には他の場所から移設された庚申塔や馬頭観音も置かれている。

ここで少し街道を外れて上福岡駅方面へ。駅近くまで行くと「六道地蔵尊」が鎮座している。この地はいわゆる「六道の辻」で、まちや道、しんがし道(新河岸、現:川越市)、ふるいちば道、つるおか道(鶴岡、現:ふじみ野市鶴ケ岡)、えど道、ひきまた道(引又宿、現:志木市)の分岐点となっていたが、現在はふるいちば道が霞ヶ丘団地の開発に伴ってか消失したため、五差路となっている。


六道の辻の町屋道を進むと、鶴ヶ岡厄除地蔵が国道を見守っている。その奥に鶴ヶ岡八幡神社が佇んでいる。江戸時代に開拓された鶴ヶ岡村の村社にも列格していたが詳細な由縁は分かっていない。
鶴ヶ岡にある八幡宮ということで、鎌倉の鶴岡八幡宮と関わりがありそうだが、鶴ヶ岡の地名が先で八幡宮の勧請が後のようである。


鶴岡八幡宮から先は川越市となる。旧道を進んでいくと新井製菓前に「藤馬中宿跡」の碑が。川越宿と大井宿の中間に位置するこの地には上・中・下宿に分かれた集落が存在し、茶屋などがあったのだという。いわゆる「間の宿」としての役割を果たしていたのだろう。


藤間の集落を抜ける頃には日が暮れ始めていた。西日が差している東光寺の門は閉ざされている。東光寺は江戸時代に開拓された藤間村の発展に伴い、慶長15年(1610年)に開基。座像薬師如来を本尊にしている。


藤間の集落の外れには宝永6年(1706年)建立の開明地蔵尊が立派な屋根の下に納められている。川越藩は2つの御仕置き場(処刑場)を持っており、その一つはここ砂新田にあった。そのためこの地蔵は「首切り地蔵」と呼ばれている。
地蔵の右隣には明治45年(1912年)の三界万霊有無両縁塔が置かれている。「三界万霊」は過去・現在・未来の3つの世界のすべての生死を表し、「有無両縁」は内輪とそれ以外の縁すべてを表す。


先へ進むと砂新田春日神社が姿をあらわす。本殿が格子の向こう側にあるが、江戸彫りの見ごたえのある彫刻が施されている。本殿の屋根も雨よけとしての機能よりも装飾としての意味合いが強く、全体的に工芸的な社殿となっており、川越市の有形文化財にも指定されている。


御代橋で不老川を渡る。不老川は「としとらずがわ」とも呼ばれ、かつては「年不取川」とも表記された。1980年代には日本一汚い川にランキングされた時期もあったが、現在は見た目には普通の河川である。
その先で烏頭坂を上っていく。舟運輸送が盛んだった時期には、川越へ物資を運ぶために上らなければならない坂だったため、当時はかなりの難所として知られていた坂だったようだ。
坂の中腹にある階段を登れば熊野神社を拝むことができる。左右に並ぶ灯籠に沿って進んでいくと、大きな狸の焼き物に見守られた本殿がある。摂末社も多く祀られており、様々な信仰を集約した中心地だったことが伺える。


川越八幡宮は長元3年(1030年)の創祀と言われる歴史ある神社。当時この地は豪族・河越氏の所領で、鎌倉時代には河越氏の館が神社の裏手にあった。太田道灌の信仰も厚く、川越城築城の際には、分霊を川越城内に分祀している。
丁度七五三の時期ということもあり、家族連れや子供の姿が多くみられた。


まわりもすっかり暗くなってしまったので、急いで街道を進む。
出世稲荷神社は通称を「いちょう稲荷神社」という。その名の通り、鳥居の両脇には樹齢650年余と言われる大銀杏がそびえ立っている。その大きさのせいか、境内への入口が小さく見えるほどである。この時間の神社は雰囲気が色んな意味で素晴らしい。


さらに先へ進むと、道路の形状が不思議な形になっている箇所がある。写真ではわかりづらいが、撮影している足元に三角地帯があるのだ。
ここはかつて「鉤の手」と呼ばれる道が直角に曲がる場所であった。城下町では外部からの敵が攻め込みにくいように、道を直線にせずに何度か折り曲げた線形にすることがある。街道以外でも道を何度も曲げる「七曲り」や、多くの丁字路・袋小路など、城下町特有の道路形状が川越では多く見られる。


川越城大手門跡に到着。川越市役所前で鷹狩装備の太田道灌に出迎えて頂いた。ここが川越街道の終点となる。ここから東へ入れば旧川越城内である。

最近では小江戸川越と称されることも多い川越であるが、今回の街道歩きではじっくりと観光をすることができずに帰宅することとなった。駅までは札の辻から蔵造りの町並みを眺めながらの帰宅した。

多くの店が閉まったあとの車に照らされる町並みも、現代の観光地の一風景なのだなと、しみじみ感じた。

2017/05/15

川越街道 Day2の② 三芳町からふじみ野市へ


歩行日:2016/10/02
川越街道の概要についてはこちらのエントリを参照。


歩道の傍らに小さな仏像があった。左手に蓮の花、右手が与願印なので聖観音かと思われる。


藤久保集落の中心に位置する廣源寺は寛永16年(1639年)の創建。藤久保が新田開発されはじめた頃である。かつて寺子屋を開設しており、これが明治になると藤久保小学校となった。


国道254号をひた進み、ふじみ野市へ突入する。かつての三芳村と大井村の堺である。
その少し先に大井宿の下木戸跡の標柱が立つ。大井宿は川越手前の最後の宿場で、旅籠や商店などで栄えた。本陣を構えており、宿場の橋には木戸が設けられていた。


駐車場の奥の方に大井稲荷神社が佇んでいる。江戸時代以前の創建で「坂上の稲荷様」として信仰を集めていた当社だが、明治の神仏習合の廃止により、大井氷川神社に合祀されていた。昭和41年(1966年)に当地に再建された。


街道東側を砂川堀沿いに広がる大井弁天の森。そこへ向かう途中に復元大井戸がある。
「大井」の地名はかつて「御井戸」があったことに由来するという伝承が記録されていたが、長きに渡って「おいど」という字名が残っているだけであった。昭和50年(1975年)に砂川堀の改修工事を行ったところ、平安時代の井戸の遺構が発見され、これが大井戸であることが確認された。


徳性寺は室町時代創建とされる古刹。大井宿が宿場町になる以前から集落の中心的役割を果たしていた。かつては大井稲荷神社の管理をしていたりもしていたが、明治14年(1881年)の大火により伽藍や古文書が消失してしまった。
境内にある弘安4年(1281年)の阿弥陀一尊板石塔婆は、「坂上の石塔畑」と呼ばれる場所から出土したものだという。この場所は大井氏の館跡の一角でもあった。


大井宿の本陣は戦国時代に大井郷の新田開発に尽力した「大井四大衆」の一人である新井織部の系譜である新井家が務めていた。新井織部を祀ったとされる「織部塚」が川越街道と並行して走る道沿いに鎮座していることからもその影響度が分かる。

大井宿は江戸に近いこともあり、宿泊よりも休憩や人馬継立をメインの業務としていたようであるが、人々の往来が多くなった幕末には旅籠や茶屋も軒を連ねる賑わいとなった。
明治以降は公用の人馬継立の廃止や三度にわたる大火によって、往時の勢いは失われてしまった。


大井小学校の隣に旧大井村役場庁舎の建物が残っている。昭和11年(1936年)に建設されたこの建物は、窓が多く取り入れられており、それ以外の装飾がほとんど見られないシンプルな造りとなっている。「国土の歴史的景観に寄与しているもの」として国登録有形文化財に指定されている。


ここまで国道沿いに進んできた街道は旧道へと分岐する。この旧道沿いはかつての亀久保村が発展していた場所である。その中心に享和2年(1802年)建立の「角の常夜灯」が立つ。亀久保村から大山阿夫利神社へ向かう大山道(地蔵街道)の最初の曲がり角であることから、この地は「角」と呼ばれていたという。地蔵街道という呼称は「富の地蔵様」の愛称で親しまれる木ノ宮地蔵堂に向かう道であることに由来する。

夕日が差してきたが、もう少しで川越市突入である。

2017/04/19

川越街道 Day2の① 和光市から三芳町へ


歩行日:2016/10/02
川越街道の概要についてはこちらのエントリを参照。


川越街道2日目は和光市駅からスタート。県道109号を西に進んでいく。
しばらく進むと進行方向右手に旧道が見える。この旧道はすり鉢状にくぼんでおり、一番低い辺りが根岸村(現朝霞市)と新倉村(現和光市)の境界であった。


旧道はすぐに県道に合流し、幸町三丁目交差点を越えた辺りで再び旧道分岐がある。稼ぎ坂と呼ばれる急坂を下る途中に「膝折不動尊」がある。比較的新しい容姿で、会社の敷地内にあることからも、この会社が独自で設置したもののように思う。
坂を下りきった辺りから膝折宿だったと考えられる。


阿吽の金剛力士像が迎えてくれる一乗院平等寺に立ち寄る。創建年は明らかでないが、高麗人が十一面観音を建立したことに始まるという。境内には「膝折学校発祥の地」碑が立っており、寺内で行っていた寺子屋が明治の学制発布に伴い膝折学校となったという。


膝折宿は近くに平林寺や仙波東照宮といった観光地が近くにあることからも、川越街道の中でも賑わいを見せていた宿場であった。旧脇本陣の村田屋は今でも旧家の佇まいをそのままに残している。高麗家が業務にあたっていた。
一方の本陣は現在膝折郵便局のある場所にあり、牛山家が務めていた。


大橋で黒目川を渡り、道が二股に別れる箇所に元文元年(1736年)の庚申塔が建っている。右がかごやの坂、左がたびやの坂の分岐となっており、かつて籠屋や足袋屋が軒を連ねる賑やかな地であったことを伺わせる。旧道は左のたびやの坂を上っていく。


旧道は朝霞市と新座市の境界となっている。
旧道が県道と合流する箇所に横町の六地蔵が並ぶ。六地蔵は享保17年(1732年)作成のもので、その脇には正徳4年(1714年)建立の地蔵菩薩、宝暦6年(1758年)建立の庚申塔、六十六部廻国塔などが集められている。


野火止大門交差点より街道を逸れて寄り道をば。
野火止と言えば埼玉県民は小中学校で必ず習う「野火止用水」が頭に浮かぶ。野火止用水は東京都立川市の玉川上水から埼玉県志木市の新河岸川に伸びる全長24kmの用水路。承応4年(1655年)に川越藩主松平信綱が開削した。


平林寺は永和元年(1375年)に岩槻で創建した。寛文3年(1663年)に松平信綱の遺志を受けて現在の地に移った。広大な敷地には山門を始めとする禅宗の伽藍や、松平信綱を含む大河内松平家の廟所、東京ドーム9個分の広さの雑木林などがある。
この雑木林は国内唯一の雑木林としての国の天然記念物に指定されている。


さて昼食も済ませて街道に戻ろう。野火止交差点から少し歩けば小さな祠を備えた八雲神社が目に入る。その向かい側の緑道はかつての野火止用水と思われる。


野火止上分(かみぶん)と大和田宿の堺に位置していたのが神明神社。境内にある庚申塔は元禄11年(1698年)、正徳5年(1715年)のもの。境内には他にも百度石、秋葉大権現、金毘羅大権現の石祠などが鎮座している。

大和田宿はこの先の柳瀬川越えに備えて人馬の継立てを行っていた地が発展して成立した宿場であった。奥州街道と交差する地でもあり交通量も多く、川越街道の中でも白子宿に次ぐ規模だったが、本陣・脇本陣は設けていなかった。明治以降も埼玉県内有数の市街地であったが、大正3年(1914年)に町の北方に志木駅ができると、次第にそちらに人が移っていき、現在では宿場の面影はほとんど残っていない。


かつて下宿だったあたりの道沿いの高台に元禄9年(1696年)建立の鬼鹿毛(おにかげ)の馬頭観音が祀られている。かつて常陸国にあった小栗城主・小栗道重の子、小栗小次郎助重をモデルにした「小栗判官」という説経節がある。後に歌舞伎にもなったこの物語になぞらえた伝説が地元には伝えられている。
秩父から愛馬鬼鹿毛にまたがり、江戸での急用のため街道を飛ばす助重。大和田宿の終わりあたりで疲労のためか鬼鹿毛が松の根に躓いてしまう。それでもなんとか江戸まで辿り着くが、帰路に就こうとすると愛馬が居ないことに気付く。鬼鹿毛は大和田宿で息絶えていた。このことからこの地は「鬼鹿毛」という地名になったという。
ちなみに「膝折」は鬼鹿毛が膝を折った場所に由来するという伝説も残っている。


上宿に差し掛かると現れるこの公民館というか集会所のような建物は観音堂だという。建物の入口には地蔵菩薩が鎮座している。かつて大和田宿の入口には高地蔵が設置されており、結界のような役割を果たしていた。江戸側の高地蔵は丁度この日工事をしていたようで見ることができなかった。観音堂の前にある地蔵はもしかしたら川越側にあった高地蔵なのかもしれない。


大和田宿を抜けると英橋で柳瀬川を越える。
跡見学園女子大学の脇に石垣と階段がある。若干崩れそうな石段を登ると、石灯籠と「三國第一山」と刻まれた石碑が置かれている。日本・唐・天竺の三国で一番の山、つまり世界一の山「富士山」を表す言葉である。ここは中野富士と呼ばれる富士塚で、よく見ると笠印が刻まれた石碑が幾つも設置されているのがわかる。


国道254号に沿って三芳町に突入する。町名は伊勢物語に登場する「みよし野」の地名に由来するが、その当時県内に「みよしの村」が3つも存在したため、混同を防ぐため「三芳」に落ち着いたというから驚きである。

藤久保集落に差し掛かる箇所に木宮稲荷神社がある。寛文元年(1661年)に当地を領有していた中山治左衛門なる人物が、大阪で藤久保に稲荷が下る霊夢を見たことをきっかけに、紀州の木材を当地に送り稲荷社を築いたとされる。このことから「木宮(きのみや)」と称されることとなったという。
ちなみに神社前の中央分離帯に旗枕のようなものがあるが、かつての境内が国道の拡張で分断された名残である。